見出し画像

“ガイナ”と“高反射塗料”ここが違う

「一般的な“高反射塗料”と“ガイナ”の違いは?」
とよく聞かれます。

高反射塗料は
建物の外部に塗装することで日射を反射し熱の発生と侵入を抑制し
冷房にかかる電気代を抑えます

一方、ガイナは?

ガイナも同様に日射を反射しますが、同時に発生した熱を遠赤外線により
「熱放散」するため経年劣化しにくいのです。

その結果、ガイナは効果を発揮し続けるんです!

「冷房にかかる電気代を抑えつつ、長持する塗料。」

それがガイナなんですね。

これはガイナの塗膜が
特殊なセラミックで形成されていることによるものなんです!

ガイナが一般的な高反射塗料より長持することの実験データも出ています。

こちらは高反射塗料、各社の性能変化の研究資料(論文)です。

こちらの研究資料(論文)からわかっていることは、

【論文内容まとめ】
高反射に依存する塗料は汚れや紫外線劣化により4ヶ月後には
「10~20%」、1年後には約40%の反射率の性能が低下する。


対して、ガイナの屋外暴露の反射保持率の試験結果がこちら⇩

ご覧いただけますかね???
こちらの資料の中央部分にこう記載されています!

「塗膜に、割れ、剥がれおよび膨れがない。
近赤外波長域の日射反射率保持率の平均が92%である」


つまり、1年後どころか、2年後の屋外暴露後の反射率の低下は
わずか8%
なんですね。

1年後に40%以上低下する「高反射塗料」
2年後でも8%しか低下しない「ガイナ」

これだけの違いがあるガイナ。

「ガイナ」気になってきましたよね!


そして、そして、それでいて、

先ほどお伝えした通り、
ガイナの塗膜が特殊なセラミックで形成されていることで
他に様々な効果も発揮します。

「冬でも効果を発揮する?」
「保温効果もあるの?」
「結露対策もできるの?」
「まさかの防音、防臭まで???」

このあたりは別の記事をご覧ください!


快適な住環境にガイナが一役買います!

#断熱ガイナ #省エネ #高反射塗料

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!