見出し画像

寝苦しい夏とも、クーラー病ともお別れ!快適な夏を実現する「ガイナ」

クーラーをつけても部屋全体が涼しくならないのはどうして?

毎日暑くて、クーラーにばかり頼っていたら風邪気味だーなんて。
すっかりクーラー病!!!
昨今の猛暑とクーラー病に参っている人は増えてきています。
夏の「お悩み」の一つですね。

・クーラーをつけても、部屋全体が均一に涼しくならない
・クーラーがないと眠れないが、つけたまま寝ると翌朝怠さが残る
・帰宅するとジメっとした、嫌な空気が家に漂っている
・夏場は1階と2階の温度差が大きく、2階の部屋は暑くなりすぎて使う気になれない
・冷房器具使用による電気代が高い

夏のお悩み

どの悩みもよく分かりますね。うちもリビングでクーラーをつけますが、
クーラーの近くは涼しいのに、ちょっと離れるともう暑くて、
ついついクーラーの下に行っちゃいます。

部屋全体が均一に涼しく感じられない要因は主に2つ!

  • 壁や天井から暖かい空気が侵入してしまう

  • 壁や天井の温度が高ければ、室温が下がっても、体感温度は同様には下がらない

熱は高いところから低いところへ移動してしまいます。
外の暖かい空気が壁や天井を通じて室内にどんどん流れ込んでしまうですね!

いくら冷房で部屋に涼しい風を送っても、熱は温度の高いところから低いところへ移動する性質を持っているため、外気が室温より高ければ、壁や天井を通じて、暖かい空気は中へ中へと入って来てしまいます。夏はなおさら、外気と室温との差が大きくなるため、熱は大量に室内へ侵入してしまうわけです。


窓さえ閉めていればいいと思ってたけど、
壁や天井からも暖かい空気が入り込んでしまうということなんですね。

さて、どうしたら防げるか???


「ガイナ」というおすすめの塗料があります!!!
塗るだけで涼しくなる魔法のような塗料ですが、
科学的に効果が証明されておるから安心です。


ガイナは塗るだけで断熱効果を発揮!クーラーなしでも過ごしやすい部屋に

内装に施工して冷房効果を高めるガイナ

熱は温度の高いところから低いところへ移動してしまうため、まずは温度の差を最小にすることが、熱の侵入を防ぐために効果的と言えます。ガイナは、塗布した表面温度が、接する空気温度と適応する性質を持っているため、クーラーをつけた時点で、その冷気温度と壁や天井の表面温度が均一になり、熱の移動を最小限に抑えることができます。この働きにより、外部の暖気の影響を遮り、室内への熱の侵入を防ぐことができます。


内装に施工して暖房効果を高めるガイナ

また、断熱遮熱の効果により、クーラーを切ってもすぐに温度が上がってしまうことがないため、クーラーなしでも快適な室内環境を保ちやすくなります。


「これなら、寝る前までクーラーをつけておいて、寝る時に切っても大丈夫そう!」


体感温度をグッと下げるガイナ

壁や天井の表面温度が室温に適応するということは、仮に20℃に設定しクーラーを稼働させた場合、壁や天井の表面温度も20℃に順応するため、その部屋にいる人の体感温度は「(20℃+20℃)÷2」で20℃になります。

仮に外気が40度に達する猛暑日だった場合、ガイナを施工していなかったとすると、20℃に設定しクーラーを稼働させたとしても、体感温度は30℃。その差は10℃にもなります。


ガイナを壁に塗布するだけで、体感温度がグッと下がるんですね。
これなら設定温度をもう少し上げても十分に快適に過ごせて、省エネにもなりそう!

#夏 #クーラー #断熱 #ガイナ

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!